特許費用って聞いたことある?

特許を取るにはいくらかかるの?特許出願に関する費用を計算します。 - そもそも特許って一体なんなのか

新着情報

◆2015/08/03
そもそも特許って一体なんなのかの情報を更新しました。
◆2015/01/21
サイトマップの情報を更新しました。
◆2014/07/22
当サイト運営会社情報を新規投稿しました。
◆2014/07/19
特許のメリットとはを新規投稿しました。
◆2014/07/18
新しい発明品とはを新規投稿しました。

そもそも特許って一体なんなのか

特許ということばを知っているけど、具体的な意味はわからないという人は、多いのではないでしょうか。そこで、ここでは詳しく解説していきたいと思います。
知らないでいると、ビジネスなどをする上で、損をすることになります。しっかり理解して今後の創作物づくりや、企業の開発に貢献していって下さい。
まず、特許というのは発明を独占する権利のことを言います。例えば、すぐに熱を下げて1日で風邪を治すような成分の入った薬を開発できる可能性がある場合に、特許をとっておくと、完成まで誰にも邪魔されずに研究に没頭できます。
新しい発明品とは
開発が完了して、薬ができると、薬の名前で特許権をとって利益も独占できるようになるのです。
逆に権利を取らないでいると、他のライバル会社にアイデアを盗まれたり、先にアイデアを盗まれて、製品化され利益も相手のものになるというケースも考えられます。
こういったケースも、過去にはあったので手続きと申請を特許庁でするように、自分のアイデアを守るため、会社の利益を守るためにも心がけたいですね。
sinittetu
このように、何かを発明する時や販売する時に、同じような物が販売されないように、発明した会社が有利に働くような権利が特許です。
■頻繁に起きている特許侵害

特許事務所を利用する際の注意

特許を申請したいという場合、特許事務所を利用するという方もいらっしゃるでしょう。
費用に関しては、自分で特許を取得するよりもお高目かとは思いますが効率的になどと考えている方は利用をしてみても良いかもしれません。
自分で登録?事務所を利用?
減税・免税について
もし、初めて利用をするという場合、いくつかの注意点がありますのでそこについて触れて行きたいと思います。
先ずは発明したものを出願するまでは秘密にしておくこと。
「新規制喪失の例外」というものがあり、依頼をする前はもちろんですが出願するまでは秘密にすることひつようがあります。
守秘義務があり、信頼が出来ると思えた方には教えても構わないと思います。
特許のメリットとは
特許の国際出願
分からない点はしっかりと解消。
聞きなれない用語ですとか、明細書などが難しくて読めないなどと言った場合にはそのままにせずに、どんなに細かいことでも利くようにしましょう。
先行技術調査を行うこと。
費用的なものを考えても、先に開発・登録されているものがあれば権利は発生しません。
その際に費用などを無駄にしないためにも先行技術調査を行っておくと良いでしょう。
ちなみに、これは個人でも行えますしもちろん特許費用について海特許事務所でも依頼をうけてくれます。
こうして、安心できるところ・費用的に納得できるところを利用すればスムーズに活用できるのではないでしょうか。

Copyright(C)2015 特許費用って聞いたことある? All Rights Reserved.